帯状疱疹の痛み

 身体の痛みを訴える方の中に

帯状疱疹(ヘルペス)が

原因のものがあります。

 帯状疱疹(ヘルペス)は、

子どものときにかかった

水ぼうそう(水痘)のウイルスが

水ぼうそうが治った後も、

脊髄近くの神経節に潜み免疫力が低下したときに

再び活性化し神経を通って皮膚に発疹ができるものです。

身体の左右どちらかに神経に沿って帯状に発疹ができます。

(最初は数粒でも翌日には増えていきます)

 

ここのところ帯状疱疹の疑いがある患者さんが数人来院されました。

 皆さんがまだ帯状には広がっておらず、

発疹の数も多くはなかったのですが、

痛みの訴えと発疹の場所が一致するところもあり、

皮膚科の受診を勧めたところ

すべて帯状疱疹ということでした。

 

鍼灸治療の場合痛みのあるところの皮膚を

直接診ることができるので

痛みを訴える場所に発疹があれば帯状疱疹を疑います。

 

また、皮膚に何も変化がなくても

チクチクとした痛み、ピリピリとした違和感、

虫が這う感じなどがある場合、

数日して発疹ができることがありますので

ご自身で観察していただきます。

 

発疹と体の痛みは直接関係ないと思っている方も多いのですが

帯状疱疹は早めの治療が大切になります。

 

症状が悪化すると数パーセントの患者さん

(高齢者や皮膚症状が重症だった場合)は発疹が消えた後も

痛みが続く「帯状疱疹後神経痛」に悩まされることがあります。

 

夏場は特に汗疹や虫刺されによる皮膚症状が多い時期で

帯状疱疹を汗疹や虫刺されと勘違いして市販の薬を塗ったり

放置すると、長期にわたり痛みに苦しまれることにもなりかねません。

 

今まで重度の帯状疱疹後神経痛の患者さんを
何人も診る機会がありました。

殆どの方がいろいろ治療をうけてなかなか改善せず、

痛みと上手に付き合うしかないと言われ、鍼灸治療を希望されます。

 

発症後、皮膚状態が落ち着いてから
日にちが経っていない神経痛で

軽度の場合鍼灸が功を奏することは何度も経験しています。

 

高齢者に多い疾患なのでご家族に高齢者がいる場合、

痛みを訴えている場所に発疹ができていれば

速やかにかかりつけの病院等で受診を促してください。

痛みのある湿疹がある場合は注意が必要です。

 

今夏は、夏バテもすでに出ていて、
免疫力、抵抗力が低下ていることもあり、
帯状疱疹が多く発症しているようです。

注意深く、そして迅速に対処してくださいね。

エネルギー医学基礎講座

昨日、エネルギー医学基礎講座全8回修了しました。

 

1月から開講されたエネルギー医学基礎講座、全8回は
 降矢英成先生(赤坂溜池クリニック院長)
戸田美紀先生(ヒーリングタッチ東京代表)による
本邦初の講座です。

 

とても興味深い分野で

先生方の豊富な情報量にとまどいながらも

ユーモアを交えた解説に

毎回の2時間があっという間・・・

後半には実習の時間もあり

エネルギー医学を体系的に学ぶことができました。

 

物理学の基礎から始まり

生体エネルギー(オーラ・チャクラ・経絡)

エネルギー療法の分類・概念

生体マトリックス

量子物理学・量子生物学

ソリトンなど

理解し説明することが難しいワードも多く

これから時間をかけて参考資料などに目を通し

理解を深めたいと思います。

 

経絡に対して働きかける鍼治療や
意思、目標をもった手技療法もエネルギー療法になります。

今のところ鍼灸学校などでエネルギー医学について学ぶことはないと
思いますが

鍼灸師にとっても関係の深い重要な分野だと思います。

 

講座を受けてからあらためて、
参考資料の「エネルギー医学の原理」を読むと

腑に落ちるところがたくさんあります。

 

例えば経絡について

 

「経絡とは、生体の分子が織りなす連続体における、
主要な情報伝達路ということができるのだ。分子のネットワークは、
単に解剖学的な組織をつくりだしているだけではない。
振動に込められた情報を、全身に伝えるネットワークでもあるのだ。
したがって、その生物学的および臨床的価値は、
はかり知れないほど大きいのである。」

 

これだけ読んでもピンとこないと思いますが

エネルキー医学基礎講座を受けてから読むと

なるほど・・・かなり理解しやすくなります。

 

鍼灸学校の教科書では経絡を

「生理物質の運行および情報伝達の通り道が経絡であると定義する。」

としています。

 

この講座を受講することで鍼灸の教科書さえも

違った視点で読むことができそうです。

 

鍼灸含めエネルギー療法は仮説としての考え方も多く

解明されていないことも多いですが

様々な仮説を知っておくことも大事なことだと思います。

 

現在、鍼灸の年間受療率(1年で受けた人)は約5~7%で生涯受療率
(一生の間に受けた人)は約20~30%と非常に少ないといわれています。

今後、より適切にエネルギー医学、

エネルギー療法を普及させることができれば

エネルギー療法のひとつである鍼灸の受療率も

引き上げることができるかもしれません。

今回、この講座に参加できたことは

鍼灸師としても意味深いことでした。

 

また、今回受講された方々の中にはレイキやEFTの専門家、

様々なバックボーンのセラピスト、カウンセラーの方々がいらして、

また興味の範囲が広がり学びたいことがたくさん・・・

すべてつながっているようで自分の糧になります。

 

9月には中級コースも開催されるとのこと、とても楽しみです。

 

 

★ホリスティックヘルス情報室

20年に感謝 21年目の決心

本日2月1日、当院は開院20周年を迎えました。

 

あっという間とも思えますがいろいろなことがありました。

開院当初は近隣に整形外科や鍼灸院・接骨院も少なく

骨折や捻挫などケガの患者さんも多く

今とは違った忙しさでした。

 

この20年の間に近隣には整形外科、整骨院、整体院などが乱立しました。

治療院を継続していくことが難しい時代

平成20年には接骨院としての健康保険のお取り扱いを終了し

かねてから考えていた

予約制の自費治療の鍼灸接骨院としました。

 

雰囲気も流れる時間も変わりました。

保険診療を止めることで、不安もありましたが、

「予約制の方がありがたい」

「自費でもしっかり治療してもらいたい」

「先生じゃなくちゃ、困る」

そんな患者さんのお言葉に励まされ、20周年を迎えることができました。

 

開院前に勤めていた整形外科時代から治療している方は、

もう四半世紀のお付き合いになります。

そうなると、不思議なもので、あ・うんの呼吸で状態はわかります。

また、親子、兄弟、姉妹、祖父母、お孫さんと、3世代にわたって来られる方や、

10年から20年と長く通ってくださる方もいます。

 

さらには、遠方に引っ越された方もわざわざ来てくださったり、

中には引っ越し先から新幹線や飛行機で来られる方もいます。

 

現在、私の治療は鍼灸治療・手技療法を中心にSATOメソッド(佐藤式気功)

三軸修正法(機能姿勢)を取り入れた治療を行い

乳幼児から高齢者までの施術をしています。

 

妻は、院内ではフラワーエッセンスのカウンセリング、

家庭教育サポート(カウンセリング)アロマトリートメントの施術、

院外活動としてチャイルドケアの提案と普及、児童館等の講座、

八洲学園大学の公開講座、情操と感性を高めるワークショップの他、

執筆活動なども行っています。

 

夫婦ともにやっていることはバラバラでありながら、
目指すことは同じです。
すべては心身のケアであり、命が生き生きと輝くためのお手伝いです。
それぞれの個性と得意を生かし、

次の目標30周年に向けて、初心忘れずに変わらずに邁進していきます。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

疳の虫・成長痛の正体?

「小児四肢疼痛発作症」

今春、京都大学や秋田大学の共同研究チームより発表がありました。

 乳幼児でよく泣く子どもは「疳(かん)」が強いといわれて

泣く原因は不明とされてきましたが

 この研究によると疳の強い子どもたちの一部では

乳幼児期の手足の痛みが原因となっていることが

明らかにされたようです。

 

この子どもたちは3番染色体にある

「SCN11A遺伝子」に変異があることが

明らかになり

 「小児四肢疼痛発作症」と命名されました。

 見出された子どもたちは 

 

「乳幼児期に痛み発作がおこる」

「手足の関節に発作的な痛みが繰り返しおこる」

「青年期に軽快する」

「寒冷や悪天候で痛みが誘発・悪化する」

「親族にも同じ症状を認める」

 

という特徴的な症状が共通してみられたということです。

 

学童期の成長痛もこれにあたると考えられるそうです。

青年期になれば痛みが軽快するので

病気が見逃されてされていると推測されています。

 潜在的な患者が多く存在する可能性が高いと考えられているようです。

 

当院でも多くの「疳の虫」の施術をしてきましたが

 数回の施術で症状が改善するお子さん

 泣き方がひどく施術できないお子さん

小児鍼でも疳の虫症状が改善されないお子さん

様々なケースがあります。

 

乳幼児に詳しく症状を聞く事もできませんが

手足に発作的な痛みがあるとすると辛いですね。

 

遺伝子の変異といわれると

鍼灸師として手も足も出ないような感じもしますが

当てはまるのは、今のところ一部のようです。

 

今後はこの疾患に効く鎮痛剤の開発につなげる研究がされるそうです。

個人的には遺伝子の変異があっても

いずれ治まる症状なので

病名にとらわれず(なるべく薬にたよらず)

小児鍼や優しく触れてさすってあげたり、

スキンシップをすることで

発作的な痛みも軽減すると信じてケアをしてあげたいものです。

 

僕も先日チャイルドケアの特別講座として
「小学生の心とからだのケア」
八洲学園大学の公開講座を開講しました。
チャイルドケアは、
自然療法と家庭教育で家庭でできるケアをしていくものです。
家族で家庭で行えるものであることです。
ちょっとした知識とコツを
知恵としてもつことで
とても強みになると思います。

来年の2月までオンデマンドで受講できますので
ご興味のある方はぜひ、受講されてください。
全4回。前編は妻が主に生活習慣や成長に合わせた心のケアを。
後編を僕が東洋医学とからだ育てをお話ししています。

ぜひ。

八洲学園大学 公開講座

 

 

再びブログ始めます

こちらで再びブログを始めます。
治療のことや治療院での出来事など綴っていく予定です。

僕の場合は、治療に関わることは趣味でもあるため
学んでいることも

生活への意識も治療に役立つと

そんなことばかり考えているので

面白い話などはなかなかありません。

そういう意味では趣味の幅も狭いかもしれません。
でも幅は狭くても、グッと奥が深い・・・・と
思ってもらえればと。

こちらでもどうぞよろしくお願いします。
過去にブログはホームページから別のところで
継続して見ていただけるようにしました。

よろしくお願いします。

 

0 コメント